同仁堂局方至宝丹

[ 価格 ] ¥900円
[ 規格 ]3.125g/丸/ケース
  • 1箱 単価: ¥900円 VIP: ¥855円
  • 2-5箱 単価: ¥855円 VIP: ¥812円
  • 6-10箱 単価: ¥810円 VIP: ¥770円
  • 11+箱 単価: ¥765円 VIP: ¥727円
数量:
商品説明
同仁堂局方至宝丹は安宮牛黄丸、局方至宝丹、紫雪の三処方から成ったものであり、これは《温病条弁》中の高熱、痙攣に優れた効果が現れる処方である。本剤は三処方共同の特徴を集めて、安神、解毒等の効果がある。

成分:生烏犀屑、生玳瑁屑、琥珀、朱砂、雄黄、龍脳、麝香、牛黄、安息香、銀箔、金箔など

安宮牛黄丸・紫雪丹・至宝丹は、いずれも高熱・意識障害・痙攣発作・筋肉攣縮に効果がある。この中では安宮牛黄丸が最も涼性で、次いで紫雪丹・至宝丹の順である。
安宮牛黄丸は、感染性疾患で顕著な熱痰・意識もうろう状態に用い、強い解毒・去痰作用をもっている。
紫雪丹は、高熱・筋攣縮・意識障害・煩躁などの熱閉に用い、その清熱鎮痙の効能を利用する。
至宝丹は、熱痰による閉証で、高度の意識障害のある脳血管障害に使用し、その辛香開竅の力を利用する。
必要に応じて3者を互いに代用してもよい。

麝香との比較:牛黄の開竅の効果は麝香より弱いが、清熱解毒の効能を持っているのが特徴である。発熱性疾患の意識障害には、牛黄と麝香を同時に用いる。

牛黄は清熱解毒の力が強く、黄連・黄ゴン・連翹などよりも優れているといわれている。それゆえ、牛黄を清熱解毒薬と考えてもよい。